テレキューブコンソーシアム

テレキューブコンソーシアム

テレキューブ コンソーシアム テレキューブ コンソーシアムについて

設立方針/ミッション/目標

設立方針

テレワークを日本で当たり前の働き方として定着させ、国民がいつでもどこでも「安心して」働くことができる環境を構築。
それを実現させるため、働き方改革を推進する企業のノウハウ、サービスを集結させ、日本から世界へ新たなワークスタイルを発信していく。

ミッション

1. 働き方改革を実現させるため、テレワークを通じて直面する課題を解決
2. 生活シーンにおけるテレワーク経験価値の向上

目標

1. 2020年のオリンピック、パラリンピックまでに東京を中心に2万台の設置
2. それを通じた働き方改革の実現と生産性の向上

活動概要

1. ビジネスパーソンが組織、チームで働くために必要不可欠なコミュニケーションのあり方と、ビジネスパーソンが安心して働くことができる場所の整備をテーマに、コンソーシアムに参加した企業のもつ知見、ノウハウ、サービスを組み合わせ、働き方改革を実現させる環境の整備を目指します。

2. 具体的な取り組みの一貫として、在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィスなどに代表されるテレワーク環境の改善を目的としたコミュニケーションブース「TELECUBE」を共同で開発し、企業のオフィススペース、商業施設 、公共施設、鉄道の駅、空港などの公共スペースへと設置。そこで企業の生産性向上に貢献する場に何が必要か調査、分析していきます。

3. 働き方改革に関する各種プロジェクトの創出及び当該プロジェクトの実施に必要となる規制改革等の提言等を行います。
なお、具体的にはテレキューブコンソーシアムの下に下記のWGを設けて活動します。
・運営企画委員会
・制作運用グループ
・コミュニケーションシステムグループ

会員一覧

理事会

理事⻑小宮山 宏 プラチナ構想ネットワーク 会⻑
副理事⻑間下 直晃 株式会社ブイキューブ 代表取締役社⻑
理事野島 亮司 アイ・ティー・エックス株式会社 取締役 兼 株式会社ノジマ 取締役兼執行役副社⻑
理事佐々木 重孝 株式会社樹楽製作所 代表取締役社⻑
理事高田 和彦 大日本印刷株式会社 執行役員
理事見學 信一郎 東京電力ホールディングス株式会社 常務執行役
理事宇治 則孝 一般社団法人日本テレワーク協会 会⻑
理事高橋 美波 日本マイクロソフト株式会社 執行役員常務
理事森 浩生 森ビル株式会社取締役副社⻑執行役員
理事野口 孝広 株式会社リクルートホールディングス執行役員
理事留目 真伸 レノボ・ジャパン株式会社代表取締役社⻑
事務局⻑高梨 純一 株式会社ブイキューブテレキューブ推進室

参加企業

株式会社アイ・オー・データ機器、アイ・ティー・エックス株式会社、インフォテリア株式会社、NTTドコモ株式会社、株式会社岡村製作所、株式会社樹楽製作所、サイボウズ株式会社、綜合警備保障株式会社(ALSOK)、大日本印刷株式会社、一般社団法人日本テレワーク協会、日本マイクロソフト株式会社、株式会社ノジマ、株式会社パソナ、パーソルプロセス&テクノロジー株式会社、株式会社ブイキューブ、東京電力ホールディングス株式会社、森ビル株式会社、株式会社リクルートホールディングス、株式会社リコー、レノボ・ジャパン株式会社

テレキューブコンソーシアム 規約

  • 第1章 総則

  • 第1条 名称

    本コンソーシアムの名称は「テレキューブコンソーシアム(英文名:TELECUBE Consortium)(以下「コンソーシアム」という。)」とする。

  • 第2条 目的

    本コンソーシアムは、ワークスタイルやライフスタイルが大きく変革しつつあることを踏まえ、働き方改革を実現させるため、人と人がいつでも、どこでも「安心して」働く環境の提供と、コミュニケーションをとることができる場の創出を目的として、テレキューブ等の普及・利用促進に向けた議論、検討並びに情報及び意見の交換等を行うことを目的とする。

  • 第3条 活動内容

    本コンソーシアムは、前条の目的を達成するため次の活動を行う。

    1. 働き方改革を実現させるための環境、場所の整備
    2. テレキューブ等に関するサービス・技術の開発及び実証、並びに標準化等の推進
    3. テレキューブ等に関する各種プロジェクトの創出及び当該プロジェクトの実施に必要となる規制改革等の提言
    4. 上記各号に関する普及活動
    5. その他コンソーシアムの目的を達成するために必要な事業
  • 第2章 会員

  • 第4条 会員

    コンソーシアムの目的及び事業に賛同する企業、団体、有識者、関係府省庁等を会員とする。
    2 会員の種別は、次の通りとし、各号を総称して「会員等」とする。

    1. 法人会員 コンソーシアムの目的に賛同する企業又は団体
    2. 有識者会員 コンソーシアムの目的に賛同する個人
    3. 特別会員 関係府省庁、地方公共団体又はコンソーシアムの理事長がその活動に特別に寄与すると認めた団体
  • 第5条 入会

    会員等になろうとする者は、入会申込書を事務局に提出し、その承認を得て会員になることができる。

  • 第6条 会費

    コンソーシアムの会費は無料とする。ただし、会合費など経費が必要になった場合は総会の承認をもって別途に定める。

  • 第7条 退会

    1. 会員は、会員の意思により任意に退会することができる。ただし、退会に際しては、予め事務局に届け出なければならない。
    2. 本規約を遵守しないとき又はコンソーシアムの名誉を毀損する行為があったとき若しくは次の各号の一に該当すると認められるときは、当該会員を退会させることができる。
  • 第3章 理事

  • 第8条 理事

    本コンソーシアムには2人以上の理事を置き、その定数は定めない。また、理事長1名、副理事長1名を理事の互選により定める。

  • 第9条 理事の選任

    本コンソーシアムの理事は、本コンソーシアム設立時の会員、もしくは設立時の会員から推薦を受けた会員より、総会において選任する。この条件を満たさない会員が理事となるには、理事会の構成員の3分の2以上の承認を受け、且つ総会で承認を得なければならない。

  • 第10条 理事の職務

    1. 理事は理事会を構成し、本規約に定めた理事会の役割を遂行する。
    2. 理事は、理事会における決議を経て総会に議案を提案することができるものとし、併せて第5条に定める本コンソーシアム入会申込の承認に関する職務を行う。
    3. 理事長は、本コンソーシアムを代表し、コンソーシアムの活動を統括する。
    4. 理事長に事故あるとき、又は代表が欠けたときは、副理事長がその役割を代行する。
  • 第10条 任期

    理事の任期は原則として2年とする。ただし、再任することができる。

  • 第11条 報酬

    理事はいずれも無報酬とする。

  • 第4章 組織

  • 第12条 総会

    コンソーシアムの最高機関として、総会を置く。

    1. 総会は、会員をもって構成し、年一回開催するほか、理事会の代表が必要と認めたときに開催することとし、必要に応じて、書面又は電子メールによる開催とすることができる。
    2. 総会は、コンソーシアムの事業及び運営の基本的事項について審議し、決定する。
    3. 総会は、執行機関たる運営委員会の構成員として運営委員を選任する。
    4. 総会は、会員の過半数の出席(代理出席、委任状を含む。)をもって成立する。
    5. 総会の議事は、出席者(代理出席、委任状を含む。)の過半数の同意をもって決するものとし、可否同数のときは、議長の決するところによる。
    6. 総会は、理事会の代表が招集し、議長を務める。
  • 第13条 運営委員会

    コンソーシアムに執行機関として運営委員会を置く。

    1. 運営委員会は、総会において選任された運営委員により構成される。
    2. 運営委員会は、委員長、副委員長を選任する。
    3. 運営委員会は、総会決議事項の実施・運用を担うものとし、且つコンソーシアム全体の事業計画及び事業報告、予算及び決算、専門ワーキング・グループの設置等コンソーシアムの運営に関する重要事項を審議し、決定する。
    4. 運営委員会は、委員の過半数の出席(代理出席、委任状を含む。)をもって成立する。
    5. 運営委員会の議事は、出席運営委員の過半数をもって決するものとし、可否同数のときは、議長の決するところによる。
    6. 運営委員会は、委員長又は委員長が指名する運営委員が召集し、委員長又は委員長が指名する運営委員が議長を務めることとし、必要に応じて、書面又は電子メールによる開催とすることができる。
    7. 委員長又は委員長が指名する運営委員は、必要があると認めるときは、運営委員会に特別会員の出席を求め、説明又は意見を聴くことができる。
    8. 委員長は、運営委員会の活動状況を総会にて報告するものとする。
  • 第14条 専門ワーキング・グループ

    運営委員会は、その決定に基づきコンソーシアムにワーキング・グループを課題毎に設置することができる。各ワーキング・グループは、その活動の円滑な推進を図るため、費用の負担、方針の決定その他について、自らの裁量の範囲で規定を定めることができる。

  • 第15条 事務局

    コンソーシアムの庶務は、株式会社ブイキューブが行う。

  • 第5章 活動

  • 第16条 事業年度

    本コンソーシアムの事業年度は、毎年8月1日に始まり翌年7月31日までとする。

  • 第17条 法令遵守

    1. 会員は、本コンソーシアムへの参加にあたっては、関連法令を遵守し、公正且つ誠実に活動するよう努めなければならない。
    2. 会員は、本コンソーシアムにおいて、他の会員と共同して、特定の取引分野における商品の価格の決定、市場の分割その他競争を実質的に制限する行為の検討、 協議、実施等を一切行ってはならない。
  • 第18条 公表

    会員は、本コンソーシアムでの活動内容、成果等を第三者に開示、公表する場合には、事前に理事会の承認を得なければならない。

  • 第6章 規約の変更、本コンソーシアムの解散等

  • 第19条 規約の変更

    本規約の変更は、総会において、出席した会員の3分の2以上の賛成を得ることで行うことができる。

  • 第20条 解散の決議

    本コンソーシアムの解散は、総会において、出席した会員の3分の2以上の賛成を得ることで行うことができる。

  • 第7章 補則

  • 第21条 その他

    本規約の施行に必要な細則等は、理事会において別に定めることができる。

2017年8月1日

所在地

テレキューブコンソーシアム(株式会社ブイキューブ内)

〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー20F
TEL:03-5768-3308 FAX:03-6866-5601
東京メトロ日比谷線/東急東横線「中目黒駅」から徒歩1分

お問い合わせ

テレキュー ブコンソーシアム・テレキューブについてお問い合わせは、
以下のリンク先のフォームからお願いいたします。

お問い合わせフォーム
このページの先頭へ